創立130周年記念事業<東日本大震災と山形東高の生徒・同窓生の記録>

当時14才の記録1401

生徒の記録

震災時の年齢14才震災時の場所教室
         震災時の状況教室で生徒全員が掃除していた
性    別所   属   部弓道部
文 理 選 択 趣味、あるいは好きなことサッカー観戦
  • 震災時(目安:3月11日発生の最大クラスの地震~1週間)思ったこと
    震災が起きた時、私は学校の教室で掃除をしていました。地震の揺れは今まで体感した中で最も大きかったため、とても驚きました。数日後、テレビがやっと見れるようになり、岩手・宮城・福島の被災の映像を見て驚愕しました。街が消えていく姿は実際に起きていることとは思えませんでした。
    とにかく、自分の身を守ることで精一杯だった自分がとても小さく感じられました。

  • 東日本大震災を振り返って、今、思うこと。
    全国の人々が被災地・被災者のために応援物資を送ったり、募金をしている姿が多く見られました。やはり、一人一人が復興へ向けて団結していく事が大切であると思いました。
    日本は他国からも多くの支援を受けました。助けてもらったら、恩を返す。それがこれから必要になってくることだと思います。
    私も力になれるように、自分のできることを見つけていきたいです。

  • 将来、この記録を見る人へひとこと。
    (これを見た○○)へ
    東日本大震災を絶対に忘れないでください。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional